プロフィール

    アシワホテス

    Author:アシワホテス

    最新トラックバック
    全記事表示リンク
    ブロとも申請フォーム
    フリーエリア

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    うえぽんの肉球皮膚炎

    お疲れさまでございますです。


    昨日、デミさんの内臓ボロボロやんって話をしましたが

    私的に一番のヒットだったのが

    事故にあったか何かしたのだと思っていたデミさんの背中の歪み
    高齢による背骨の湾曲らしいということでした。

    つまり、いわゆる『腰が曲がったおばあちゃん状態』



    あれですか、グルコサミンとか補給しなくてはいけない系ですか。
    あれは膝でしたっけ。


    背中を曲げて歩くデミさんの写真が上手く撮れないので
    絵を描いてみました。






    余計に分からなくなりました。
    すみません。



    デミさんは一度おいておいて、
    先日うえぽんさんも病院送りになりました。



    最近のうえぽんさんはかなりフリーダムです。
    私がいる時は隔離部屋の扉を開けて好きにさせています。

    慣れてきたのか、私と同じ部屋にいても
    丸くなって寝るようになりました。


    私が立ちあがるとすっ飛んで逃げるんですけどね。




    そのうえぽんですが
    ある日寝床に鮮血を発見。

    逃げ回るのを追いかけながら観察すると、
    左前脚の裏っかわに血がベッタリとついてる。


    やったわうえぽんさんー。
    なんかやったわー。



    最近のうえぽんさんは私の近くで寝るクセに
    私が動くと大慌てで逃げ出して
    その際あちこちに体や足の爪を引っ掛ける、ということをしていたので

    きっとこれも変な所に足を引っ掛けて怪我したのだろうと
    思ったのですよ。


    これがソラやデミさんだったら
    捕まえてコロイダルシルバーでも吹き掛けてオシマイ、なのですが

    うえぽんは近づけないから治療が難しいし
    なにせエイズと白血病キャリア。

    傷口から何かイヤな細菌でも入ったら嫌。



    と、いうわけで病院です。





    今回も院長先生でした。
    院長先生との遭遇率高いです。


    先生開口一番

    「この子、危険な子ですよね?」



    最初にうえぽんに暴れられたのが
    相当なトラウマになっているようです。


    大丈夫、最近は丸くなりました。
    診てくださいよう、と怪我した足を持ち上げると


    「ああこれ、怪我じゃありません」。



    なんでも、肉球が腫れる病気があるのだそうな。

    その名も『形質細胞性足底皮膚炎』




    すみません名前覚えられませんでした。
    帰ってからググりました。



    この『形質細胞性足底皮膚炎』
    別名『形質細胞性足皮膚炎』
    もしくは『プラズマ細胞性足底皮膚炎』
    と言うそうです。

    ああ、プラズマ。
    うちの空気清浄機がそれです。



    症状としてはまず、肉球がスポンジ状に腫れるそうです。

    この時点で特に痛みはないようです。


    先生曰く、大体の猫はそこで大ごとになることなく
    ある時点から「萎んで」いき、
    最後にはカサブタのようなものが残って
    それが剥がれて終了、となるらしいです。



    そう言えば今は亡きキャラさんが
    よく肉球にカサブタを作っていました。

    何だろうなあと思っていましたが
    これだったのですね。


    痛そうな素振りもなく普通にしてたので
    特に対処もしなかったのですが
    普通はそれでOKなのだそうです。


    ただし、猫エイズや白血病の猫がこれになると
    かなりの確率で悪化するとか。

    そうなると膨らんだ肉球が「萎む」ことなく
    そのまま「破裂」してしまうと。


    それが今回のうえぽんさんのケースだったようです。


    「破裂」してしまう、つまり
    「腫瘍」になってしまうと
    出血や感染が起こります。
    これはいただけません。


    ただでさえ免疫系イエローカードのキャリア組、
    感染には臆病です。

    さらに歩くたびにポタポタ血を落とされては
    同居猫に傍迷惑です。

    ソラはスルースキル高いので無視しそうですが
    デミさん当たり、きっと血を嗅ぎに来る。
    舐めるやもしれません。


    治療としては今のところ薬の投与。
    悪化すれば腫瘍部分を切りとる手術をするのだとか。


    7日分の薬を頂いて帰りました。




    この『形質細胞性足底皮膚炎』
    原因も分からないし
    治療法も対処療法しか今のところないそうです。

    一度治っても
    特にエイズ、白血病のキャリアの場合
    再発することが多く、
    また一般的に前足から始まり
    徐々に4本全ての足の肉球に症状が広がるのだとか。


    キャリア猫が歩くのを嫌がったりし始めたら要注意ですね。





    で、怪我ではないことは分かったのですが
    私としてはうえぽんの血まみれの足を綺麗にして
    消毒していただきたかったのですが
    先生は何やらうにゃうにゃ言ってやってくれませんでした。

    よほどうえぽんが怖いらしいでした。


    帰ってから、ネットに入っているうえぽんに跨って
    コロイダルシルバーで足を拭きました。
    ええ、私が。



    ガシガシ拭いたらそんなに酷い状態でもなかった。


    よく見えませんが、真ん中のポッチ部分より、
    そのすぐ上の黒い部分の方が
    「破裂」状態がひどかったです。
    ここも肉球と言うのでしょうか。
    足の皮膚には違いないですが。



    頂いたお薬はかなり強い薬で
    飲んだらそのあと水を飲ませないと
    喉に炎症を起こすと言われました。


    そんな芸当出来るわけないっす。


    で、一応先生に聞いて
    少量のご飯に混ぜて食べさせる方法をとりました。
    そのために市販の猫缶買いました。

    モンプチ効果で、なんとか薬を飲ませきり、
    うえぽんの肉球は現在カサブタが固まった状態です。


    このまま再発しないてくれるといいなあ。






    おやつづいています。


    スポンサーサイト
    CATEGORY:猫白血病と猫エイズ

    THEME:猫のいる生活 | GENRE:ペット

    うえぽんの口の現在状況。

    さて、我が家の状況です。

    うえぽんに薬が処方されてから1週間経ちました。

    さすがに薬の威力は強く、
    ヨダレは劇的に改善。
    腫れも「ちょっと赤いかね」くらいまで
    ひきました。


    …写真は撮れませんでした><。


    劇的に効く、ということは
    何かを捻じ曲げているわけですので
    体全体からみれば
    リスクも背負っているとみて良いのではないかと
    私は思っています。

    ただし、薬は
    一度処方されたら
    きちんと飲ませないと意味がないので
    そこは一週間言われた通り飲ませました。

    特に抗生物質は
    変に止めると
    耐性のある菌を生み出すことになるし
    非ステロイドの消炎剤も
    シロウトが自己流に扱うには
    怖すぎる薬です。

    はい、そんなわけで
    ちゃんと飲ませましたよ。


    もう一度獣医に行って
    しっかり口内を診てもらおうかとも
    思ったのですが

    効果があったら
    そのまま薬を止めていいと言われていたので
    とりあえず
    これで一度薬を止めることにしました。

    現在のうえぽん。
    IMG01909.jpg
    心なしか優雅です。

    IMG01912.jpg
    押入れにウツボっていても、表情がちょっとやわらか。

    今後は、ユッカとサンクロン併用で
    今の状態を出来る限りキープすることが目標です。



    お声を掛けてくださった方々、
    心よりありがとうございました。

    CATEGORY:猫白血病と猫エイズ

    THEME:猫のいる生活 | GENRE:ペット

    病院に行ってきました。2

    続きです。

    そんなわけで、病院に行って
    きちんと診てもらうことに決めました。

    部屋の隅にキャリーを置きっぱにしていましたら
    いつの間にかうえぽんお気に入りの場所になっていました。
    IMG01825.jpg
    と、言うより避難所ですね

    このまま蓋を閉めて運んでしまってもよいのですが
    それだとキャリー=安心できる場所、という
    今の理想の関係が崩れてしまうかと思いましたので

    IMG01828.jpg
    相変わらずケンカ上等です。

    キャリーにうつぼっているところを
    キャリーごと洗濯ネットで覆い、
    キャリーをひっくり返して
    ネットにうえぽんを落っことす
    、ということをしました。

    つまり
    キャリー=病院 ではなく
    洗濯ネット=病院 の
    図式を持っていただこうと。

    そのうえで改めてキャリーに入れて
    蓋を閉めて、いざ病院です。


    結局
    キャリー=病院です。


    本日院長先生はお休みで、
    女医さんがおりました。

    去年往診を頼んだ時、
    うえぽんに馬乗りになって
    拘束衣をつけた

    ナイスな女医様です。

    院長先生はうえぽんを見るとびびりますが
    女医様は余裕の笑みを見せます。

    院長先生はうえぽんをキャリーから出す時
    「ネットに入れてありますよね?」と聞いて
    助手さんを呼びますが、
    女医様は初期動作なしで
    おもむろにキャリーを開けてかかります。

    今回、口を開かなくてはいけないので
    私はネットの上から拘束衣をつけてもらうつもりでした。
    そのうえでネットを切って
    頭を出せばいいと思ってました。

    しかし、女医様は「必要ないですよ」と
    さくっとファスナーを開けて
    「はい、あーん」と
    うえぽんの口を開けてしまいました。

    おそるべし女医様。


    で。

    「かなり痛いですねー」との診断結果。
    口の中がかなり腫れ上がっていました。

    「抜くようですか」と私。

    「いや、まだ抜くべきではないでしょう」


    女医さん曰く、
    うえぽんはやはり
    歯周病というより
    口内炎なのだそうです。

    「歯周病なら歯を抜けば治りますが、
    口内炎は治るとは限りません。
    とくにうえぽんちゃんは
    エイズと白血病を持っているので
    治る見込みはかなり少ないでしょう。

    それならば、まず
    非ステロイドの消炎剤と
    抗生物質で
    様子をみてみましょう」

    とのこと。


    私は、口内炎も
    歯を抜けば治るんじゃないかなーという
    漠然とした期待を持っていたので
    「たぶん抜いても治らない」
    という言葉には正直少しガッカリしました。


    まあ、キャリアに口内炎は付きものです。
    トンカツのキャベツ、
    刺身のつまです。

    ここは出来ることをやりましょうという方向で。

    薬はできるだけ使いたくないですが、
    歯を抜かないなら薬かサプリです。
    サプリはもう試しているので、
    薬を使ってみるのも良いかと思いました。


    錠剤は絶望的に飲ませられないし
    粉薬もどうかな?と思ったので
    (サプリと一緒にごはんに混ぜればいいと
    思ったけど、ごはん自体食べない日があるし)

    シロップを選択です。

    IMG01888.jpg
    薬の名前を聞いてくるのを忘れました。
    どうよそれ。



    抗生物質は、効いても効かなくても1週間。
    効いたならそれで終了で、
    効かない場合もう一度来院です。

    キャリアなんだから治らねーだろ。
    という心の声はとりあえず奥へ収納です。



    そうそう、
    一通り診察が終わった後、
    爪切りを頼みました。

    院長は助手さんを2人呼んで
    かなり及び腰で爪を切って
    焦って血を出したりしてました。
    切り方もかなり焦ってました。

    で、ネットからうえぽん逃がしちゃって
    診察室の中うえぽん追いかけてたりしてました。


    片や女医様、爽やかに「いいですよー」とのたまうと
    ひょいとうえぽんの腕を掴んで
    パチンパチンと爪切り。
    鮮やかです。

    しかも、爪の切り上がりを確認し、
    長さを揃えたうえ
    切り屑を取り除いて次へ行く
    芸の細かさぶり。

    後ろ足を隠しちゃったうえぽんに
    「じゃ、一回ネットから出ようかー」と
    抱え上げちゃって
    こっちが焦りました。


    おそるべし女医様。


    次回もぜひ診ていただきたいです。
    指名料取っていただいてもいいです。



    で、今回の診察料。


    ・再診料   520円
    ・内服薬   800円
    ・内服薬  1000円
    ・シリンジ   30円
    ・爪切り   310円

    合計    2690円




    院長先生は爪切りお金取りませんでした。


    READ MORE

    CATEGORY:猫白血病と猫エイズ

    THEME:猫のいる生活 | GENRE:ペット

    病院に行ってきました。

    うえぽんのヨダレがどんどん酷くなってきましてですね。

    ついこの間まで、暑いときにだけ口を開いて
    そこからヨダレが垂れるって感じだったのですが、

    そのうち寝ている時に口を開いて
    ダダ漏れさせるように。

    で、ここ2,3日は
    普通に起きていても
    たまにポターっと
    顎から滴る感じ。

    舌を出して舐め取ろうとしているようですが
    口の周りばかり舐めているので
    顎に周っちゃった分は垂れたい放題。

    顎の下から胸にかけて、かなり汚くなってしまいました。

    IMG01886.jpg
    誰だおまえぇぇぇぇぇ。

    ウェットタオルで体を拭いてはいるのですが、
    こうなるともうお風呂にでも入らないと綺麗になりません。

    IMG01887.jpg
    このホラー映画は近日公開です。


    いや記録を残したかったのですが。

    口内炎によいということで、サンクロンを買いました。
    IMG01882.jpg

    以前ブロ友さんから笹ヘルスをいただいて、
    結構良かったので、
    同じ系列のサプリで
    まだ使っていないものをチョイス。

    使い比べです。

    IMG01883.jpg
    見た目は笹ヘルスと変わりません。

    IMG01884.jpg
    薄めてくださいと書いてありました。
    IMG01885.jpg

    やられてしまいました。


    味は、笹ヘルスが甘いのに対して
    サンクロンはちょっと苦み走っています。
    ニヒルな奴です。

    こいつを指に付けて
    じゃぶじゃぶ口の中に刷り込みました。

    あとは歯磨きシートをこれにひたして
    歯、口周り、顎から胸
    あと床掃除も。

    これは効いたように思います。
    ヨダレがまた少なくなりました。

    それで調子に乗って
    サクっとやられてしまったのですが
    以前に比べて
    うえぽんの攻撃が優しいです。

    だって、痺れても指動くもん…

    初期の頃は、一発パンチを食らうと
    数時間は動かせませんでした。
    血も華麗に飛び散ったし…

    この攻撃は耐えられる。
    そう確信したので病院に行くことに決めました。


    ええと続く。
    CATEGORY:猫白血病と猫エイズ

    THEME:猫のいる生活 | GENRE:ペット

    うえぽんの歯について考える。

    次回、と言って書かない「次々詐欺」が多くなってきたので
    今回は連投致します。

    うえぽんのヨダレがひどくなってきた件について。

    「猫は虫歯にならない」説を
    昔図書館で読みました。
    本の題名を忘れてしまったのですが…

    猫の歯は人間の様にエナメル質が溶けるようなことはなく、
    歯周菌による歯根の腐敗によって失われる…
    といった内容だったとオボロゲに覚えています。



    すみません。
    夢だったかもしれません。


    ともかく、猫の歯は丈夫であること
    その代償の様に、歯周病や口内炎が多くあること
    これは確かなことのようです。


    もともとが口内炎を起こしやすい生き物であるうえ、
    エイズや白血病のウィルスに感染すると
    まず最初に出る症状が口内炎だということで

    ダブルキャリアのうえぽんとしては
    おさえなくてはいけないところだったのでしょう。

    IMG01864.jpg
    口周りを拭いたところで記念撮影。
    いや記録としては拭く前に撮るべきだろう


    滝のようなヨダレと
    滝のような鼻水、
    ガビガビの目ヤニ、というのが
    現在の状況です。

    同じダブルキャリアの猫を持つ
    ブロ友さんによると、
    キャリア猫の口内炎は
    「歯」そのものを「異物」として
    免疫系が攻撃してしまう
    ところから
    起こるのだとか。

    一種の自家中毒、と言えるでしょうか。

    ブロ友さんは二件の獣医さんから
    聞いたそうです。

    とりあえずググりました。

    「猫 エイズ 白血病 口内炎 治療」


    ざっとしか見ていないので断言はできませんが、
    『自分の歯を異物として攻撃する』という現象は

    『FORL ( ネコの破歯性吸収病変 )』

    ではないかと思われます。



     猫の歯根吸収とは、永久歯が解けて顎の骨に吸収されてしまう状態を言います。
     乳歯が永久歯に生え変わるとき、破歯細胞(はしさいぼう)という細胞が乳歯に働きかけて溶かします。しかしこの細胞がなぜか永久歯まで溶かしてしまった状態が歯根吸収であり、破歯細胞性吸収病巣(はしさいぼうせいきゅうしゅうびょうそう)、もしくは歯頚部吸収病巣(しけいぶきゅうしゅうびょうそう)とも呼ばれます。中年期から始まる進行性の病気で、純血種猫の約80%、雑種猫の約40%がこの病気にかかっているともいわれています。

    「子猫の部屋」より。詳しくはこちら



    うーん、でもこれだと
    歯を破壊する悪役は「破歯細胞」であって
    「免疫系」ではないですね。

    ザックリと調べたところ、
    エイズ・白血病で
    免疫系の誤作動から
    歯を攻撃するという記述は見当たりませんでした。


    ただ、乳歯を溶かすための細胞が
    なぜ永久歯までも溶かすのか、
    そこのシステムが分かっていないそうなので、
    免疫が関わっていることもあるのかもしれません。

    もしくは
    破歯細胞の働きを
    免疫と言っているのかな?


    とまれこれはブロ友さんのケースであって、
    きちんと診察されていないうえぽんは
    何が原因でヨダレが出ているのか、
    まずそれが分かっていません。

    歯周病なのか
    口内炎なのか
    それも今一つはっきりしていません。

    IMG01867.jpg
    口の周りは比較的触らせてくれます。
    まだ痛みは激烈ではないと推察されます。

    IMG01868.jpg
    指を突っ込んでみました。

    歯そのものは、それほど歯石などはついていないようです。
    ただ、口の中が全体的に腫れ上がって熱を持っていました。

    口内炎決定ですかね。



    口内炎になると、激しい痛みをともなうため、食べたいけれど食べられない状態となり、食欲が低下し、体重も減少してきます。また、口臭が強くなり、ネバネバしたり血が混じったよだれを始終たらすようになります。よだれのため、口のまわりや前足がいつも汚れているようになり、グルーミングもあまりしなくなります。口の中を実際に見てみると、口のなかの粘膜や歯肉が真っ赤に腫れて、ただれ(びらん)や潰瘍、出血が認められます。猫の口内炎では歯肉炎をはじめとする歯周病や破歯細胞性外部吸収病巣を併発するケースが多く見られます。
    Petwell 猫の病気事典より。詳しくはこちら

    うえぽん、食べるときに「うえ」となるのは相変わらず。
    歯が痛いのか、口の中全体が痛いのか、喉が痛いのか、
    もうそれ全部なのかよくわかりません。

    茶色いヨダレは血が混じっていると見て良いでしょう。

    歯根が溶けているかはレントゲンを撮らないと分からないでしょうが、
    医者に連れて行けば抜歯を検討しろと言われるかもしれないレベルです。

    ただ、お蔭様で最近はずっとご飯を完食していますし
    痩せてきたということもありません。

    別のツイ友さんの猫のように、
    手術する前に自然に全部抜けちゃった
    というのが理想なのですが……

    とりあえず、
    コロイダルシルバーを指に付けて
    うえぽんの口の中に突っ込んでいます。

    部屋がやや涼しくなったことも良かったのか、
    現在ヨダレは少なくなりました。

    ユッカは継続して投与しているので、
    笹ヘルス
    もしくは
    サンクロン
    を追加することを検討しています。
    CATEGORY:猫白血病と猫エイズ

    THEME:猫のいる生活 | GENRE:ペット

    うえぽん部屋の改善

    どうにもならないので、うえぽんを押入れから引っ張り出しました。

    猛暑ですね。先日山梨では39度を記録したとか。
    同日カイロでは34度か36度だかで、
    「山梨エジプト越え」
    と仲間内で評判でした。

    いや死にますから。


    実際、お亡くなりになった方が今年に入って数名いらっしゃるそうで
    お悔やみを申し上げます。

    蛇足になりますが、
    外を歩いていて
    「死にそうに暑い」と思うたび
    本当に死んでしまった方々は
    どれだけ暑かったのだろうかと思います。

    特に、車の中で死んでしまった犬とかですね。
    どれだけの苦痛だったでしょう。



    ずっと押入れに立て籠もっていたうえぽんですが、
    家庭内野良化が進行していくにつれ
    見た目も荒んできたので
    対策を考えました。

    押入れそのものを閉鎖してしまうのは可哀想なので
    中にバリケードを築き、
    私の手が届かない奥までは行かないようにしたのです。


    おかげで、シブシブですが外にも出るようになりました。
    逃げきれないと悟ったらしいです。

    そうしたところにこの猛暑。

    実は、うえぽん部屋、エアコンがありません。

    サーキュレーターをかけてみましたが
    文字通り焼け石に水。

    凍らせたペットボトルを並べてみても
    効果は感じられず。

    風も氷も嫌いらしいうえぽんは
    どんどん暑い場所に行くように。



    そしてバテました。

    IMG01858.jpg
    訳の分からないところに入るようになっています。


    最近ヨダレを垂らすようになってきたのですが、
    土曜日、尋常じゃない量を垂らしていました。

    おそらく暑くて口を開けて息していたのが
    原因だとは思うのですが、

    そのヨダレも茶色がかっていて
    かなり危険な感じ。

    そんなヨダレが顔から胸にかけて
    ベッタリついていて
    茶色いガビガビになっていました。


    口内環境改善委員会と
    室内環境改善委員会
    同時発足です



    まずは室内環境。
    隣の部屋にはエアコンがあります。
    ですが、部屋と部屋の境目には柵がないので
    扉を閉めるしかありませんでした。

    IMG01870.jpg
    ケージのある場所だけ、ちょこっと扉を開けてましたが
    あまり効果はなかったようです。


    でも、うえぽん部屋の中には区切りの柵がありました。

    IMG01869.jpg

    私が横で寝ていた時の名残です。

    現在はこの部屋で寝ていないので、
    この柵は必要ありません。

    この柵を外して
    扉の所へつければ
    扉は開けたい放題、
    隣室のエアコンの冷気が
    流れたい放題でしょう。

    IMG01872.jpg
    アフター。



    IMG01871.jpg
    部屋の境に柵柵柵。


    IMG01873.jpg

    さっそくソラがやってきて登りましたが、
    上まで行ったところですり抜けられないことに気付き
    うろ哀しい声を上げて降りてきました。

    これで、エアコンの部屋から
    サーキュレーターで風を送ります。
    かなり室内環境は改善されました。

    心なしかうえぽんも
    快適そうです。

    激しいヨダレもなくなりました。

    次は口内環境です。


    長くなったので次回…これ最近多いな。
    CATEGORY:猫白血病と猫エイズ

    THEME:猫のいる生活 | GENRE:ペット

    ソラがうえぽん部屋に入っちゃった。

    未だに風邪ひいています。

    頭痛と発熱と喉の腫れとなんやらかんやらで
    最悪の一週間の仕上げに

    昨日、うえぽん部屋を開けてちょっと記憶が飛んだ瞬間に
    ソラがばっちりうえぽんのご飯を漁っていました。


    もう本当に死にたくなりました。

    何のために隔離してるんだ。


    ともかく、ソラを引きずり出して
    効果があるかどうか分からないけれど口の中へコロイダルシルバーを噴射。

    あとは様子見しかないな、と思っていたら
    今日の午後になってソラの耳が熱い。

    発熱したか?

    病院は日曜の午後は休診。


    呼吸は荒くないし
    自分の毛玉ボールで遊ぶ元気もある。
    今日は蒸すので、気温のせいかもしれない。

    そんな事をぐるぐる考えながら
    一日過ごしておりました。


    ソラ、今は耳も冷たくなって
    見かけは普段通りです。

    ですが、明日以降様子が急変する可能性もあるので
    ドキドキしながら観察中です。


    こういうとき、会社に行かなくてはいけないのは辛い。
    自分の落ち度なのだけど。


    白血病ワクチンは打ってあるけど、
    丁度摂取して1年経ったので
    現在効果がほとんどないだろう状態。

    間が悪いこと…




    実は今度のワクチン接種はどうしようか考えていたところなのだけど、
    こういうことがあるとやった方がいいかなと思ってしまう。

    白血病ワクチンの副作用は、出た場合かなり重篤で

    副作用のリスクと
    白血病感染のリスク

    どちらを取るべきなのか

    それを選ぶのはつまり
    自分じゃない命に対して
    重大な選択を下してしまうこと
    だから ひどく恐ろしい。


    自分の事だったら簡単なのにな。



    とまあ、夜なのでズブズブと考え込んでおります。

    CATEGORY:猫白血病と猫エイズ

    THEME:猫のいる生活 | GENRE:ペット

    パパさん登場です!

    たいへんご無沙汰しております。佐藤です。いやさアッシーです。

    さて本日、カテゴリを何にするか悩んだのですが…

    sampffdf3c8e39f5cb3b.jpg

    突然すみません。


    先日、「いき水」のモニターに当たったとご報告しました。
    ですが、使いたい当のうえぽんが現在こんな感じ。

    foodpic3579261.jpg

    押入れを解放したらすっかりウツボってしまいました。

    foodpic3579266.jpg
    レ・ミゼラブル的な。


    こうなった元野良猫を引きずり出すには
    相当な覚悟と2、3枚の手の皮が必要です。
    あと床に散った血を拭き取るティッシュもね♪

    折角のいき水が使えないなあ…と思っていましたら
    Twitter友達のふなきさんとこの
    パパさん(猫)がデキモノに困っているとの情報。

    パパさん
    パパさん_convert_20130605004222

    歴戦のツワモノです。
    ずっと外で生きてきましたが
    酷い傷を負いふなきさん姉に保護され、
    紆余曲折の末ふなきさんちのふなき組組員になりました。

    パパさん残念ながらエイズキャリアですが
    逞しく生きています。

    そのパパさんのデキモノ。
    写真_convert_20130605005524

    最初はゴマ粒くらいの大きさだったそうです。
    エイズキャリアであること、高齢であることから
    積極的な治療が出来ないとのこと。


    よし、ではパパさんにいき水使ってもらおう!
    パパさんといき水


    と、言うわけで託しました。
    これからパパさんにモニターをしていただきます。

    少しでも、良くなってくれますように!






    はい。
    月日が経つのは早いです。
    あっという間に1週間経ってしまいました。
    TVクッキングなみのビフォーアフターです。

    1週間つけて、現在こんな感じだそうです。

    パパさん一週間後


    いやいやこれから!
    これからです!


    がんばれパパさん!
    CATEGORY:猫白血病と猫エイズ

    THEME:猫のいる生活 | GENRE:ペット

    ダブルキャリアだったね。

    uepon0421-5-up.jpg
    おひさ。


    何のブログだったか記憶が定かでなくなってきた今日この頃
    皆様如何お過ごしでしょうか。

    初心に戻ってうえぽんの記録です。


    うえぽんを捕獲したのが2012年6月9日
    気が付けばもう10か月の歳月が流れておりました。

    uepon0421-3.jpg
    デブるはず


    もとい


    uepon0421-5.jpg
    捕獲当時と比べると見違えるようにリラックスするようになったうえぽんですが
    安心しているのは私が柵の向こう側にいるときだけで
    柵を開けると飛び上がってケージの中かカーテンの陰に隠れてしまいます。
    元ノラのハートというものは懐柔困難です。

    イージーカム、イージーゴー。(<意味不明)

    そんなわけで、というのは言い訳ですが
    うえぽんの健康チェックはなかなかちゃんと出来ません。
    歯も見せてくれないし、お腹も触りたいんだけどなあ。

    14日、口の右下に気になるデキモノを発見。
    uepon0414.jpg

    これもなかなか見せてくれないのですが
    1週間経った現在、大きさが変わっていないので
    悪性の可能性は低いかと思われます。

    発見した当初は皮膚ガンが来たかと思い、腹にぐっと力を入れたものですが。

    結構早とちりも多いので、今回はまず経過を見ることにしてみました。

    引き続き経過観測中です。




    さて先日ごはんの内容を書きましたが
    なにしろ最近うえぽんがごはんを食べてくれません。

    先日は2回続けて、一口も口をつけてくれませんでした。

    『どれだけ健康的な食事であっても、猫が食べることを拒否すれば意味がありません』
    (BYロイヤルカナン)
    ということで、一時的にご飯内容を嗜好性重視に切り替えることに決定。


    *私の猫ごはんは、主に私の独断でメニューを決めています。
    これで猫の体調が急変しても、それは自分の責任と思っています。
    サプリの追加時などはできるだけ調べることにしていますが
    何しろ素人のやっていることです、
    「こんなことしてる」程度に見ておいてください*


    先日のサプリに加え、只今いただいたサンプルを試していたのですが
    cat sapri

    これらを一時やめて、基本の「メガペットデイリー」「ビタミンC」「フルーツザイム」に絞りました。
    あ、「タヒボ茶」は常にベースで使用です。

    そして色んなものをトッピング。
    青のり、無塩煮干し、鰹節、醤油(例の)…

    どれも今市。

    最後の手段と、最強の唐揚げをトッピングしてみましたが食べません。
    ともえさんの捕獲に使ったやつの残りなので、確かにもういい加減古いのですが。


    そんな中、先日なんとなく買った猫缶を混ぜてみました。
    IMG01576.jpg

    これがヒット。


    最近嫌々な感じで残し残し食べてたうえぽんが、
    久々の完食。
    しかももっと食べたそうな素振り。


    アズミラの缶とカリカリ、
    どちらと混ぜてもしっかり食べてくれました。


    しばらくこの缶のお世話になろうかと思っています。


    で、昨日のアースディフェスで、納豆を仕入れました。
    nattou.jpg


    早速砕いてトッピングです。
    IMG01610.jpg



    喉元過ぎれば熱さを忘れるとはまさにこのこと。




    tomoe0417-1.jpg
    宇宙から来たひとみたいなともえさん。折角フェスでかわええ首輪を買ったのですがどこに埋もれましたか。

    CATEGORY:猫白血病と猫エイズ

    THEME:猫と暮らす | GENRE:ペット

    猫のサプリを並べてみたー。

    昨日ですが、新宿御苑にお花見に行きました。
    IMG01481.jpg

    早く咲いた今年の桜ですが、まだまだ咲き残っておりまして、ご飯がおいしゅうございました。

    でも手がかじかんで、これ以外の写真はみんな「涙で前が見えない」状態に。


    代わりと言ってはなんですが、大國魂神社の桜を貼っておきまする。

    IMG01420.jpg
    数は少ないですが、大國魂の桜はパワーが感じられます。やはり、神様の遣いといったところでしょうか。
    IMG01421.jpg
    ちなみに桜の精は男だそうです。



    うえぽんですが、最近は2~3回に1回はご飯を完食するようになってきました。
    あいかわらず、何がいけないのかは分からない状態です。
    しかしちらりと見える歯茎は真っ赤だし、息は臭いので、まあ歯周病は鉄板でしょう。

    そんなことを言っていたら、ブロ友のひよこさんに笹ヘルスの試供品をいただきました!

    ひよこさん!ありがとう!ありがとうひよこさーん!
    IMG01469.jpg


    笹ヘルス、猫の口内炎や歯周病によいとあちこちで聞いていたので、気になっておりました。
    さっそく舐めると「笹ぁ~♪」な味。後味ほんのり甘いです。

    IMG01468.jpg
    背景の雑念は気にしないでください。

    まずは少量ずつご飯に混ぜています。
    そのうち歯茎に直接刷り込む計画です。


    IMG01433.jpg
    ともえさんです。


    ところで、今現在どれだけのサプリを猫に与えているのだろうとふと気になって、一か所に集めてみました。

    IMG01483.jpg
    毎回これだけあげてます。あ、笹ヘルス入れ忘れた。いや与えすぎだろ自分。


    免疫アップのタヒボ茶。
    IMG01484.jpg



    コロイダルシルバー。これも免疫力アップ。と、殺菌。
    IMG01485.jpg

    そういえば、このシルバーの大瓶はTwitter友達ののぶさんが送ってきてくれました。
    大瓶なのでジャブジャブ使っています。

    のぶさんありがとう!ありがとうのぶさん!請求書くれ!!

    小さい方(LifePlus社)は濃度20ppmで、金色をしています。
    IMG01295.jpg

    大きい方(SovereignSilver社)のは10ppmの濃度で、色は無職。もとい、無色。
    IMG01306.jpg

    小さいのはスプレー式なので体に掛けたり、目や鼻や口を掃除するのに使っています。
    大きいのは飲み水に入れています。これを入れるとソラがよく水を飲みます。水の品質がよくなるのでしょうか。
    外猫用の水にもいれています。
    結構、手放せません。


    酵素軍団。フルーツザイム、明日葉粉末、センシク粉末。おまけの無臭ニンニク粉末は免疫アップ。
    IMG01488.jpg

    酵素は、市販のキャットフードを使う場合には絶対加えなくてはいけない!と個人的には思っています。
    ビタミン、ミネラルは「補酵素」です。つまり、酵素がなくては働き場所がほとんどなくなってしまうのです。
    なのに市販のフードはバリバリ加熱処理していますから、酵素ナッシングです。
    ビタミンを与える前に酵素。ミネラルあげなくても酵素。
    酵素大好きです。

    ニンニクは玉ねぎっぽくて毒のように思いますが、実は猫にすこぶる良いものだという記事を読んで勢いで買いましたが、
    気が付けばアズミラのドライフードにはすでに入っていました。
    なんてこったい。でももったいないので少しだけ加えてます。


    そのアズミラ社のサプリ一群。
    IMG01486.jpg
    どれだけアズミラ好きなんでしょうか。

    アズミラ社の話では、サプリを与えるのならばまずメガペットデイリーなのだそうです。
    いわゆるマルチビタミンですね。
    これとビタミンCで体を整えてからでなければ、他のサプリを与えても意味はないとおっしゃいます。
    この基本サプリに準じるのがカルシウム・ウィズ・ボロン。
    口内炎対策でビタミンB群。

    デイリーブースト(左から2番めの茶色い粉末)はサプリではなく、ハーブブレンドです。
    基礎体力アップと、体の恒常性というか、バランスを整えるのが狙いです。

    もともとはアズミラのドライフードに入っていた成分なのですが、薬事法の改正だかなんだかでフードに入れられなくなってしまったものなのだそうです。
    フードに入っていたくらいなので、アレルギーや副作用などのリスクは低いと思われます。
    アズミラ社はこれをフードに入れられなくなったのをものすごくものすごく根に持つ残念に思ったらしく、こうやって別口で売っています。フードに入れて欲しそうです。


    それから。口内炎対策と免疫アップの乳酸菌。
    IMG01324.jpg

    リンパ腫対策。直接うえぽんの口に突っ込んでいます。
    IMG01426.jpg


    で、先日これも買いました。
    IMG01489.jpg
    ちっちゃいくせに高いんだぜー。

    これは癌対策です。キャラにあげていました。キャラは一瞬で天に行ってしまったので効果のほどは分かりませんでしたが、嫌がらずに飲んでいました。

    キャラには、これに水素水というものをあげてましたっけ。
    水素水は、良かったです。何も食べたがらなくなったキャラが、唯一首を伸ばして口に入れようとしたのが水素水です(水道水は飲まなかった)。
    うえぽんが末期になったらあげようと思っています。



    ……ねこご飯の支度に1時間かかる理由が分かってきたぞと。


    IMG01444.jpg
    もはや自由なともえさん。
    CATEGORY:猫白血病と猫エイズ

    THEME:猫と暮らす | GENRE:ペット

    うえぽんがごはんを食べない。

    最近、うえぽんがご飯を食べる時間が長くなっている。


    ご飯を食べるとき舌を出して吐きそうな素振りをすることについて
    先生に聞いてみたところ、
    恐らく歯が痛いのだろうとの返事。

    歯肉炎はかなり進行していると思われる。


    それでも、ゆっくり時間をかけてなんとか食べきっていたのに、
    昨日の夜は半分くらい残した。

    そしてさっき仕事から帰ってきたら、朝のご飯が丸々残っている。



    当のうえぽんは、お気に入りの場所ではなく、
    非難するときによく行くカーテンの裏にいた。



    風邪をひいたのだろうか?
    耳の熱さならともえの方が高い。

    暖かくなったのでヒーターを切ったのだけど、早かっただろうか。

    それとも、ともえが持ってきた細菌のどれかに
    反応してしまったのだろうか。

    ストレスも考えられる。



    とりあえずヒーターを点け、ビタミンCを増量。

    ちょうどセンダンαが届いたので飲ませてみた。

    歯肉炎に良いというので、ビタミンbと乳酸菌を増やしている。



    がんばれうえぽん!

    CATEGORY:猫白血病と猫エイズ

    THEME:日記 | GENRE:日記

    コロイダルシルバー。

    最近うえぽんに嫌われています。

    発端はこれです。

    IMG01256.jpg

    コロイダルシルバー。猫の歯周病に良いとよく紹介されているやつですね。
    気になっていたのですが、1本1万円以上したので涙をのんで忘れることにしていました。

    ところが、ひょんなことで安くて質の良いシルバーを入手することができたので鼻息も荒くうえぽんに使用したのですよ。

    スプレー式だったので、体全体に噴きかけるわ、私の手に噴きかけてうえぽんの顔を撫でまわすわ、綿球にかけて目、鼻、耳、口を問答無用で拭きまくるわ。
    とうとううえぽん、怒りを爆発させてしまいました。
    そして私の姿を見るとトンネルの奥へ潜り込むように。

    それでここしばらくうえぽんを弄れなかったわけですが、
    本日夕ご飯を食べているうえぽんに違和感。


    舌を異様に長く出してる。


    ご飯をバクバクっと食べて、一瞬停止して、なんかこう「うえ…っ」という感じで、舌を出して口の周りを舐めるようなそぶりをします。
    そしてまたご飯をバクバクっと。

    歯が痛いのか、口の中が痛いのか、喉が痛くて飲み込みづらいのか、どれとも思えるし、どうとも言えない、そんな感じです。

    うえぽんは捕獲時から口の中が真っ赤でした。口内炎はかなり進行していると思われます。

    口内炎ならまだしも、リンパ腫が絡んだら腹をくくらねばなりません。


    このところ、ソラのストルバイト祭りでうえぽんをほったらかしていましたし…

    反省して、うえぽんのケアに勤しもうと決意しました。いやだがしかし、その前にシルバーで壊れた儚い友情を取り戻さねば、近づくこともできません。

    ああ、ソラの血液検査結果、悪いものが出ませんように



    ところでです。コロイダルシルバー、調べてみたら「銀沈着症」というものを引き起こした過去があるそうです。
    これは皮膚に銀が沈着し、色が「ええ感じのスモーキーブルー」になるというもの。
    ただし、「害はない」とのことです。(本当?)

    さらにこれを引き起こすのは「粒子が荒いコロイダルシルバー」の場合、らしいです。


    コロイダル・シルバーの理想的な色は、薄い黄金色です。それより暗い色の物は、コンテナの底でたまる傾向があり、銀の分子が大きい事を示し本当のコロイダル状態ではありません。もしコロイダル・シルバーのラベルのリストに銀の他に何らかの安定剤や微量元素を含む場合や、もしそれが使用の前にビンを振る必要がある場合は、その品質は劣っています。もしコロイダル・シルバーが、冷却を必要とするならば腐るような成分が含まれているという事でしょう。プラスチックは、銀を長期間コロイダルの状態に保つことができないので、コンテナと点滴器はガラス製でなければなりません。実際にいくつかのブランドは、安全ではありません。またコロイダル・シルバーは、3~5 ppmの範囲の濃度のものが最も効果的に病原菌を殺菌します。
    *出典:SorceWorks様→こちらはトップページ

    ということなので、「使用前によく降ってください」などと書いてあるシルバーは使わないのが吉でしょう。


    しかしそういえば昔、絵を描いていたとき、「シルバーホワイトは毒だから食うな!」とお互い警告をしあっていましたっけ。絵の具なんか食べる人間はいませんでしたが、デッサン用の食パンはよく食べました。木炭が程よい風味付けでありました。Oヘンリの短編には泣きました。

    いやすみません。で、その時は「シルバー=毒」だったのですが、いつから「シルバー=副作用のない夢の抗生物質」になったのでしょうか。

    粒子? 粒子を細かくすることが出来たから?




    たぶん続く。
    CATEGORY:猫白血病と猫エイズ

    THEME:猫のいる生活 | GENRE:ペット
    検索フォーム
    いってらっしゃい♪
    摂取なう。
    今現在うちの猫が食べているもの。
    基本のごはん。アズミラの缶詰は、オーシャンフィッシュ以外食べないのですよ奥様。 私はターキーとかも食べて欲しいのですがね奥様。↓ 何だかんだ言って、これあげていると安心。↓ これをごはんの上に掛けると食いつきが違う↓ これもよく食べます。↓ ナチュラルフードで食いつきの良いドライフード!ということで大変貴重。ちょっと塩分高めなので、尿石が気になる場合、わざと食べさせて水を飲ませるという裏技も(自己責任でお願いします)。↓ サプリメント。 これは免疫力向上。↓ これは基本的なサプリ。まずはここから(byアズミラ)↓ これは犬と猫用のハーブ。ウィキョウ、パウダルコ、霊芝が入ってこの値段は実はものすごくお得。アズミラの意地。↓ 乳酸菌とかも入っていてお得。酵素系は結局これに戻ってくる私。密かにこのお店もお勧め。理由は♪↓ 甲状腺機能のコントロールのために。と思ったら、毛の色が劇的に変化!これは本気でお勧め。↓ 鉄板お勧めのタヒボ茶。ただし、鉄やステンレスのヤカンで煮出すのはNG.ここは初回セラミックヤカンがオマケでついてきます。てか正規店。↓
    QRコード
    QR
    画面下を人々がお散歩するブログパーツ(Twitter連携可)
    FC2カウンター
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。