プロフィール

    アシワホテス

    Author:アシワホテス

    最新トラックバック
    全記事表示リンク
    ブロとも申請フォーム
    フリーエリア

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    ローフードでマチネ♪

    2日土曜日の話になるのですが、お昼を食べに目白へ出向きました。

    ラ・タブル・プリムというローフードのお店です。


    ローフードについてはチョロチョロと叫んでおりますが
    基本、食材に含まれる酵素を壊さないように料理された食事となります。


    酵素。いつもありがとうのWikipediaによると
    生体で起こる化学反応に対して触媒として機能する分子である。
    ということだそうです。

    わかんねえよ。

    という叫びにお応えして超訳するなら

    色々お仕事するたんぱく質。

    超訳にもほどがありますか。


    まあそんなわけで(逃げました)たんぱく質ですから、42℃あたりから変性して失活します。
    ローフードは酵素を採りたい食事ですので、40℃くらいから上の熱を加えない料理ということになります。


    まあ酵素さえ採れればいいという考えから色んな定義があるようですが、それはまた今度ということで。

    このローフードを出しているカフェがあるということで、ローフード食べたいね、と呟いていたTwitter友達と食べに行ってまいりいました。


    *蛇足ですが、酵素は生き物ではありません。たんぱく質の分子です。



    折しもひな祭りということで、ランチにはそれをイメージしたプレートが登場。
    友達が写真を撮って加工してくれました♪

    PhotoGrid_1362399952059-1.jpg
    写真ありがとう、よこみーん!

    一番上にあるのは、このお店を出た後入った喫茶店で注文したケーキセットですね(^^ゞ
    私はシフォンケーキを食べてしまったことをカミングアウトします。自分ルールで、会食なら卵と牛乳までは解禁にしております(^^ゞ


    ローフードに戻って、プレートについてきた、お試し発芽発酵玄米
    IMG01288.jpg
    大きなジャーで、3日以上毎日ぐるぐるかき回して発酵させるのだそうです。
    もちもちして美味しかったです。

    IMG01285.jpg
    ローなお雛様がチョコンといらっしゃいます。
    後ろには低温で乾燥させたローチップス。(ピンクの衣がかかっているやつ)


    IMG01286.jpg
    ローにプラスしてリビングフード(発酵食品)も。


    IMG01289.jpg
    にんじん。フルータリアン的には食べないものですが、今回外食なので食べちゃいました。


    IMG01290.jpg
    デザートでついてきたローガトーショコラ。

    私はローのカカオスイーツといえばブラウニーばかり作っているので、
    このローケーキの滑らかさにはびっくりでした。うまうまでした。


    それで、今回お雛様に近いということで、
    最後にパティシエのMiiさんからおまけの一品
    IMG01291.jpg

    ローチョコで作った菱餅!


    デトックスのお茶も飲みやすくて美味しかったです。
    また行こうと思っております^^


    ローフードカフェ「ラ・タブル・プリム」

    そうそう、ウェイトレスをしておりました、恐らくはミッチーさん(調理担当さん)。
    非常にチャーミングな方でありました。


    ご馳走様でございました♪

    スポンサーサイト
    CATEGORY:ローフード

    THEME:こんな店に行ってきました | GENRE:グルメ

    ローフードちう。

    またローカレーとローブラウニーを作りました。いえいえ、こればっかりの食卓ではないのですよ。どちらかというと果物ばかり喰ってるんですが。

    マリネにすると結構色々な野菜を生で食べられることに気付きまして、最近凝っております。
    で、生醤油と生味噌のマリネを作ったのですが、「ああこれにカレー粉入れればローカレーやん?」と思い立ち、早速粉を追加してみたわけでございます。

    IMG01082.jpg
    こんな感じー。


    先日のローカレーはフードプロセッサーで粉砕しましたが、これはあらかじめマリネっているのでゴロゴロの大きさでも十分食べられます。いや旨かったです。

    マリネってた野菜は
    ・トマト
    ・キュウリ
    ・カラーピーマン
    ・オクラ
    ・冬瓜
    です。
    冬瓜も普通に食べられましたが、マリネる時間があまりない場合、薄くスライスした方が良いだろうなと思います。今回はこのマリネに、水につけたまま忘却の彼方にあったアーモンドとクルミを包丁で砕いて添えました。それから冷蔵庫で静かに腐りつつあったアボガド氏を最後に投入。

    IMG01085.jpg
    なれのはて。

    マリネ汁は『ローフード・フォー・ビジー・ピープル』(ジョーダン・メアリン著 石塚とも訳)の『基本のしょうゆ味マリネ液』の『応用 味噌マリネ液』です。しょうゆ、レモン汁、アガベシロップ、黒胡椒、味噌、オイルを混ぜています。本当はニンニクが入るのですが、これは抜いています。
    で、今回はこれにカレー粉とガラムマサラと黒胡椒を追加。アガベシロップ(甘味料)が入っているので、カレー粉とガラムマサラがきつくならずに済みました。
    醤油味マリネ、けっこう使えます。


    で、デザートはローブラウニー
    前回はみかんの皮を入れましたが、今回はココナツとココナツオイルを入れ、表面にカカオニブを散らしました。
    IMG01078.jpg

    カカオとオレンジの組み合わせも黄金ですが、カカオとココナツもファンキーな感じで大好きです。
    しかし、合わせると本日どれだけナッツ食べてるんだろう……




    突然ですがうえぽんがヒーターにあたってくれました! いつも微妙に避けていたヒーター。横の黄色いペットヒーターはすぐ使ってくれたのに。胡散臭そうに当巻きにしていたのですが、いきなり正面攻撃。こうして見るとまるで家猫です( ;∀;)。

    IMG01061.jpg
    しかし微妙な緊張感。


    ソラが訴えています。
    IMG01059.jpg
    ええ、猫のご飯について書く予定でした。おかしいなー。おかしいなー。




    明日は頑張ろう。

    ローブラウニーを作ってみた。

    昨日twitterで知り合った方々とクリスマス&忘年会をしました。
    その時、「湘南・鎌倉やさい」というものをいただきました。

    DEzsz.jpg
    美しい…


    一緒に頂いた「湘南・鎌倉やさい おおのや新聞」によると、湘南・鎌倉野菜というのは『規模は決して大きくないが、室町時代以降、農村として作付けを行ってきた歴史がある。』のだそうで、『一つの畑にいろいろな野菜が作付けされるのが大きな特徴』『様々な野菜が作付けされた畑は色とりどりの景観を誇り、「鎌倉の七色畑」とも言われている』のだそうです。(『』内引用)
    これは将来家庭菜園などをする場合に参考になる作り方かもしれませんね。
    生でボリボリ食べてみましたが、どれも味が濃く、ほんのり甘くて大変美味しかったです。

    サラダの他に、2種類マリネ液を作って漬け込んでみました。
    s5Lhd.jpg

    東京スカイツリーのソラマチにお店があるそうです。




    それから、ブラウニーを作りました。
    また、どこからレシピを盗んできたのか忘れました。メモに殴り書いてありました。出処入れよう。失礼だから。

    どんなレシピかというと、

    くるみ(2〜3時間浸水) 200g
    デーツ           50g
    レーズン          50g
    カカオorキャロブパウダー  50g
    ココナツオイル     大さじ1〜3(入れなくても良い)
    バニラエクストラクト  小さじ1

    これらをフードプロセッサーでガーして型に詰めるというもの。


    実は無農薬のみかんを買いまして。その皮を乾燥させて粉にしたので何かに使えないかと思ったのです。
    さらに、ローココアビーンズを買いまして。それを一晩浸水させて砕いてみましたが、いまいちパウダーにはならなかったので。

    ケーキよりは、ブラウニーだろうということになりました。

    レシピ的にはこう変化↓

    くるみ   200g(ちなみに浸水前)
    デーツ    50g(10分ほど水で柔らかくしました)
    レーズン   50g(ラム酒大さじ1弱で柔らかく)
    パウダーになりそこねたココアビーンズ 40g
    オレンジゼスト(皮の粉末) 10g
    キャロブパウダー 10g
    バニラエッセンス(エクストラクトは持ってないT^T)

    キャロブパウダーは色付けです。回してみたらあまり色が出なかったのですわ。ほら、カカオ、パウダーじゃなかったから。
    回していうるうち硬くなったので、固める役目のココナツオイルは入れるのをやめました。

    で、出来上がりです。

    uDsa5.jpg


    やっぱりカカオとオレンジは黄金のカップルだと思います。これは美味しく出来ました。
    写真が良くないですが、オレンジのツブツブが結構綺麗です。

    切ってから冷凍。3週間くらいは持つはずです。ふふ。
    CATEGORY:ローフード

    THEME:こんなの作りました♪ | GENRE:趣味・実用

    ローカレーを作ってみた。

    ローフードのレシピを検索していたらカレーがあったので、作ってみました。
    自分用の覚え書きです。

    さて、誰のレシピか忘れてしまいました。メモに殴り書き…
    レシピはこんな感じです。

    【カレーソース】
    カレーパウダー 大さじ1
    生醤油     大さじ1/2
    生味噌     小さじ1
    塩       少々
    水       50ml

    【具】
    生カシューナッツ 1/4カップ
    にんじん     1/8本
    玉ねぎ      1/4個
    ミニトマト    10個
    リンゴ      1/4個
    アボガド     1個
    レーズン     大さじ1/2

    具をみじん切りにして、合わせたソースをかける。


    なにしろ殴り書きなので細かいところが抜けています。生ナッツはそのまま食べると消化しないので1〜10時間水に漬けておく必要があるのですが1/4カップは水に漬ける前なのか後なのか書いていません。レーズンも水で戻すはずです。
    まあ、カシューナッツは美味しいので、少しくらい多くてもいいかしらねえ。玉ねぎと人参はフルータリアン的にアウトだわねえ。と適当に変えていってこうなりました。

    【カレーソース】
    基本変らないが、水は30mlから様子見
    塩はミックスソルト
    ガラムマサラとブラックペッパーをホンの少し追加

    【具】
    カシューナッツ、2時間浸水後半乾燥 1/2カップ弱
    ミディトマト 4個
    リンゴ    1/4個
    アボガド   1個
    キュウリ   1/2本
    パプリカ   1/3個
    レーズン   大さじ1/2をラム酒で戻す
    粉末パセリ  少々


    ナッツ→リンゴ→レーズン以外の具全部の順番でフードプロセッサーにかける。
    ソースを加えてさらにフードプロセッサーを回し、お皿にとって湯煎でホンの少し加熱。
    レーズンとパセリをトッピング。


    キュウリが水っぽいので、ソースの水を少々少なくしました。
    できたのはこんな感じ。

    IMG00997.jpg

    ガラムマサラはいらなかったー
    生なので、香辛料は強くでますね。
    レーズンの甘さが良いアクセントでした。レーズンを漬けたラム酒を最後に混ぜたのですが、味が少しマイルドになりました。

    具の大きさは、レシピによって小さなみじん切り〜ブレンダーで完全にピューレにするまで色々でした。
    今回初めてだったので、具材の相性を見るために少し形を残しました。それほど喧嘩はしなかったと思います。
    ホンの少しアガペシロップかメープルシロップを入れてもいいかもです。

    あ、湯煎は40度超えてはだめです。46度で大体の酵素が死んでしまうそうなので。逆に言うと40度までは温めて大丈夫です。

    みかんの皮入れたらどうかしら。
    あまり色々やったら逆効果かしら。

    胡麻はどうかな〜?
    CATEGORY:ローフード

    THEME:こんなの作りました♪ | GENRE:趣味・実用

    加熱食は毒になるかも。

    先日BOOKOFFに入ったとき『ローフード・フォー・ビジー・ピープル』があったので買ってきました。今、ちょこちょこ読んでいます。

    私は現在なんちゃってヴィーガン→なんちゃってフルータリアンに移行中ですが、フルータリアンをしていると生食が多くなります。甘いものがあまり欲しくなくなるので砂糖の量も激減します。そうしたら、体の調子が良くなってきました。はっきり変わったのは、生理痛がほとんどなくなったこと。

    ラクトオボベジタリアンの時ははっきり言って体調は変わりませんでした。ヴィーガンの時はあまり気が付きませんでしたが、たまに間違えて肉を口にしてしまうと「血が濁る」感じがしたので、知らないうちに変化はあったのでしょう。私は体調を変えたくてベジになったわけではないので、そこらへん鈍かったと思います。

    だけど今回、食事の半分ほどを生にして、砂糖を辞めたら、体調良いのです。これはいいかも!ということで、できる限りの食事をローフード(生食)に切り替えていこうと思っています。結果が出ると人間やる気になるよね。


    で、『ローフード・フォー・ビジー・ピープル』。レシピ本です。その名の通り、忙しい人のための、毎日お手軽に作れるローフードのレシピ。(ただしフルータリアン用ではないので玉ねぎやらニンニクやらカブやらゴロゴロ出てくる(T^T)代わりになるものを探し中です)レシピ本なのだけど、読み物としても面白いです。

    その第一章にこんな記事がありました。「胃が空っぽの状態で加熱調理された食べ物を食べると、身体の免疫系統はあなたの身体をその加熱食品から守ろうとして反応します」



    つまり、加熱された食べ物は免疫系統にとって排除すべきもの、端的に言えば「毒」とみなされると。加熱はどうやら100度以上のようです。一見生のように思えるものでも、流通の過程で殺菌のために200度程度に熱せられるものは多いですよね。それら全てアウトとなります。加熱された、ということはつまり熱変性した、と捉えていいのでしょうか。それらは白血球にとって攻撃の対象になるようです。そんなところで仕事しなくていいよ白血球。その無駄な動きがガンになるから!

    さらに調べるためにネット検索しました。リンクを貼ってもいいものか分からないので保留中ですが、どうやら信ぴょう性はありそうです。もう少し調べることにします。


    ところで、先ほどの文を読み返すと「胃が空っぽでなければ加熱食を食べても大丈夫」とも捉えられます。
    もちろん、全てを生食にするのがベストなのでしょうが、まず生のものを食べ、それから加熱食を食べるのがベターなのかなと思っています。


    現在うちの猫sはナチュラルフードのカリカリと缶詰を食べています。ナチュラルフードとはいえ、加工の過程では加熱されているので、この観点から言うとやはりよろしくない。実は検索途中で「猫に加熱食と生食を与えた実験結果」というものを見つけました。よろしくありません。猫にも生食がベストのようです。ただし生で食べる場合、細菌や寄生虫を考えないといけませんのでこれはこれでなかなか怖いです。

    猫ご飯に追加で酵素を振りかけていますが、これが加熱された猫フードをローの状態に戻してくれるのではないかと期待しています。それに加え、少々のローまたはリビングフード(生きているフード)を最初にあげる、というのがいいのでは?


    実はうちの猫sは手作りの甘酒が大好きです。ご飯に添えるとまっ先に食べます。甘酒は炊いたご飯を麹で発酵させているのでリビングフードです。これはもしや結構いい線いっている食事方法では!

    と一人でウキウキしています。もう少し調べます。

    2回目にして猫以外。

    消毒について書こうと思ってました。家に帰り着くまでは。
    でもでも、昨日ベジタリアン・クッキング教室に行ったのです。これは書き留めておかなくてはなりません。

    ワタクシ、一応ベジタリアンであります。
    フィッシュ・ベジタリアン(魚は食べるけど肉は食べない)を1年くらいやったのちヴィーガン(完全菜食)を2年くらい。その後ラクト・オボ・ベジタリアン(牛乳と卵は食べる)になって7〜8年。
    ここ数ヶ月前からフルータリアンに移行中です。
    フルータリアン。フルーツを食べる人。
    そのままですね。
    だけど人によって定義は様々で、フルーツだけの人、フルーツでも木から自然に落ちたものしか食べない人、結構ズボラに適当かます人など様々です。
    私はもちろんズボラです。
    ズボラフルータリアンは果物の他に果菜、穀物、ナッツ、豆などをいただきます。
    決めていることといえば根菜を食べないくらいです。
    それも「時と場合により」「フレキシブルに」変わります。

    今回のお料理教室、場所は荻窪、東京衛生病院。
    先日行った渋谷のベジタブル・フェスティバルで知り合いました、日本ベジタリアン協会副代表のMさんにお誘いいただきました。
    この方、色々面白そうな方ですが、その話はまたの機会に。
    メニューはクリスマスということで押し麦のリゾット、なんちゃってナゲット、なんちゃってサーモン、マッシュポテト、フルーツケーキとあいなりました。
    一人分
    マッシュドポテトはジャガイモなのでセーフ。でもリゾットには実は根菜の玉ねぎとニンニクが入っています。これはチャイニーズベジタリアンや一部ヴィーガンの方も避けますね。でも今回は「フレキシブルに」いただきました。
    みんな分
    こんな感じでちょいバイキング。

    リゾットにはチーズの代わりにコクを出すためアボガドが入っています。
    フルーツケーキは、今回は焼きましたがローフードで作ってもいいかなというお味。


    ところでこの東京衛生病院、入院すると出てくる料理はラクトオボベジタリアンなのだそうです。
    言えばヴィーガンにも対応してくださるそうな。
    いずれお世話になりますと口約束してまいりました。
    検索フォーム
    いってらっしゃい♪
    摂取なう。
    今現在うちの猫が食べているもの。
    基本のごはん。アズミラの缶詰は、オーシャンフィッシュ以外食べないのですよ奥様。 私はターキーとかも食べて欲しいのですがね奥様。↓ 何だかんだ言って、これあげていると安心。↓ これをごはんの上に掛けると食いつきが違う↓ これもよく食べます。↓ ナチュラルフードで食いつきの良いドライフード!ということで大変貴重。ちょっと塩分高めなので、尿石が気になる場合、わざと食べさせて水を飲ませるという裏技も(自己責任でお願いします)。↓ サプリメント。 これは免疫力向上。↓ これは基本的なサプリ。まずはここから(byアズミラ)↓ これは犬と猫用のハーブ。ウィキョウ、パウダルコ、霊芝が入ってこの値段は実はものすごくお得。アズミラの意地。↓ 乳酸菌とかも入っていてお得。酵素系は結局これに戻ってくる私。密かにこのお店もお勧め。理由は♪↓ 甲状腺機能のコントロールのために。と思ったら、毛の色が劇的に変化!これは本気でお勧め。↓ 鉄板お勧めのタヒボ茶。ただし、鉄やステンレスのヤカンで煮出すのはNG.ここは初回セラミックヤカンがオマケでついてきます。てか正規店。↓
    QRコード
    QR
    画面下を人々がお散歩するブログパーツ(Twitter連携可)
    FC2カウンター
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。