プロフィール

    アシワホテス

    Author:アシワホテス

    最新トラックバック
    全記事表示リンク
    ブロとも申請フォーム
    フリーエリア

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    うえぽんの歯について考える。

    次回、と言って書かない「次々詐欺」が多くなってきたので
    今回は連投致します。

    うえぽんのヨダレがひどくなってきた件について。

    「猫は虫歯にならない」説を
    昔図書館で読みました。
    本の題名を忘れてしまったのですが…

    猫の歯は人間の様にエナメル質が溶けるようなことはなく、
    歯周菌による歯根の腐敗によって失われる…
    といった内容だったとオボロゲに覚えています。



    すみません。
    夢だったかもしれません。


    ともかく、猫の歯は丈夫であること
    その代償の様に、歯周病や口内炎が多くあること
    これは確かなことのようです。


    もともとが口内炎を起こしやすい生き物であるうえ、
    エイズや白血病のウィルスに感染すると
    まず最初に出る症状が口内炎だということで

    ダブルキャリアのうえぽんとしては
    おさえなくてはいけないところだったのでしょう。

    IMG01864.jpg
    口周りを拭いたところで記念撮影。
    いや記録としては拭く前に撮るべきだろう


    滝のようなヨダレと
    滝のような鼻水、
    ガビガビの目ヤニ、というのが
    現在の状況です。

    同じダブルキャリアの猫を持つ
    ブロ友さんによると、
    キャリア猫の口内炎は
    「歯」そのものを「異物」として
    免疫系が攻撃してしまう
    ところから
    起こるのだとか。

    一種の自家中毒、と言えるでしょうか。

    ブロ友さんは二件の獣医さんから
    聞いたそうです。

    とりあえずググりました。

    「猫 エイズ 白血病 口内炎 治療」


    ざっとしか見ていないので断言はできませんが、
    『自分の歯を異物として攻撃する』という現象は

    『FORL ( ネコの破歯性吸収病変 )』

    ではないかと思われます。



     猫の歯根吸収とは、永久歯が解けて顎の骨に吸収されてしまう状態を言います。
     乳歯が永久歯に生え変わるとき、破歯細胞(はしさいぼう)という細胞が乳歯に働きかけて溶かします。しかしこの細胞がなぜか永久歯まで溶かしてしまった状態が歯根吸収であり、破歯細胞性吸収病巣(はしさいぼうせいきゅうしゅうびょうそう)、もしくは歯頚部吸収病巣(しけいぶきゅうしゅうびょうそう)とも呼ばれます。中年期から始まる進行性の病気で、純血種猫の約80%、雑種猫の約40%がこの病気にかかっているともいわれています。

    「子猫の部屋」より。詳しくはこちら



    うーん、でもこれだと
    歯を破壊する悪役は「破歯細胞」であって
    「免疫系」ではないですね。

    ザックリと調べたところ、
    エイズ・白血病で
    免疫系の誤作動から
    歯を攻撃するという記述は見当たりませんでした。


    ただ、乳歯を溶かすための細胞が
    なぜ永久歯までも溶かすのか、
    そこのシステムが分かっていないそうなので、
    免疫が関わっていることもあるのかもしれません。

    もしくは
    破歯細胞の働きを
    免疫と言っているのかな?


    とまれこれはブロ友さんのケースであって、
    きちんと診察されていないうえぽんは
    何が原因でヨダレが出ているのか、
    まずそれが分かっていません。

    歯周病なのか
    口内炎なのか
    それも今一つはっきりしていません。

    IMG01867.jpg
    口の周りは比較的触らせてくれます。
    まだ痛みは激烈ではないと推察されます。

    IMG01868.jpg
    指を突っ込んでみました。

    歯そのものは、それほど歯石などはついていないようです。
    ただ、口の中が全体的に腫れ上がって熱を持っていました。

    口内炎決定ですかね。



    口内炎になると、激しい痛みをともなうため、食べたいけれど食べられない状態となり、食欲が低下し、体重も減少してきます。また、口臭が強くなり、ネバネバしたり血が混じったよだれを始終たらすようになります。よだれのため、口のまわりや前足がいつも汚れているようになり、グルーミングもあまりしなくなります。口の中を実際に見てみると、口のなかの粘膜や歯肉が真っ赤に腫れて、ただれ(びらん)や潰瘍、出血が認められます。猫の口内炎では歯肉炎をはじめとする歯周病や破歯細胞性外部吸収病巣を併発するケースが多く見られます。
    Petwell 猫の病気事典より。詳しくはこちら

    うえぽん、食べるときに「うえ」となるのは相変わらず。
    歯が痛いのか、口の中全体が痛いのか、喉が痛いのか、
    もうそれ全部なのかよくわかりません。

    茶色いヨダレは血が混じっていると見て良いでしょう。

    歯根が溶けているかはレントゲンを撮らないと分からないでしょうが、
    医者に連れて行けば抜歯を検討しろと言われるかもしれないレベルです。

    ただ、お蔭様で最近はずっとご飯を完食していますし
    痩せてきたということもありません。

    別のツイ友さんの猫のように、
    手術する前に自然に全部抜けちゃった
    というのが理想なのですが……

    とりあえず、
    コロイダルシルバーを指に付けて
    うえぽんの口の中に突っ込んでいます。

    部屋がやや涼しくなったことも良かったのか、
    現在ヨダレは少なくなりました。

    ユッカは継続して投与しているので、
    笹ヘルス
    もしくは
    サンクロン
    を追加することを検討しています。
    関連記事
    CATEGORY:猫白血病と猫エイズ

    THEME:猫のいる生活 | GENRE:ペット

    COMMENT

    No title

    こんにちはー

    二枚目の写真が、
    「どれどれ、愛いやつじゃ」
    「お代官様。お、おやめください…」

    なんて、時代劇のワンシーンのように見えてしまう、
    暑くて脳が沸騰中かもしれないひよこです><

    >歯を異物として~

    これは私も一回目の医者から言われたときに調べたのですが、要するに自己免疫疾患ゆえなのかな?と。

    ・免疫異常で自分の歯を異物と認め攻撃してしまう細胞がある
    ・物があると攻撃して排除する、免疫システムが何らかの原因で自分の組織に向けて働いてしまう事がある

    等、書いてあるサイトはありますが、今なるとを診ていただいてる先生は、猫は免疫系が弱い…的なこともおっしゃってましたねえ。
    まあその先生とはプライベートで会うこともあるので、機会があればもっと詳しく聞いてみたいです。

    うちのなるとは口内炎も多少ありますが、歯肉炎の方が酷かったです。
    ヨダレも、ブラッシングして気持ちい~って時にしか出してませんでしたよ(苦笑)
    うえぽん君、そんなにヨダレが酷いなら、歯肉炎より口内炎が酷いのでしょうか??

    関東だと、確か歯科に特化した病院があったかと思います。
    通常は麻酔をしないとレントゲンは細部が撮れませんが、専門病院だと、拘束服を着せて麻酔なしで口の中を診たり、レントゲンを撮ってくれるみたいです。

    日本小動物歯科研究会の認定3~4級(最上位)を持った先生だと、動物の歯科に力を入れてくれてるということでしょうし、抜歯も少し安心かな?と思います。
    (なるとを診てくれてる先生は、渡りに船でたまたま4級持ってらっしゃいました)

    それにしても、うえぽん君は横顔がダンディですね~
    口の中に指まで入れさせてくれるなんて、お利口さんです。
    大きな身体をもふもふしてみたいけど、私では無理かしら^^;

    心配は尽きない・・・

    対処治療ですが、
    痛みと腫れを取るために、
    抗生剤、またはステロイドと言う手もあります。

    marは数ヶ月抗生剤を飲んで、その後再発なしです。
    確実に何が良かったか、分かりません…

    一例として---

    Re: No title

    ひよこさんこんにちはー(^O^)/

    くくくぅ、ひよこさん面白いー。
    代官様ごっこ、あとでうえぽんとやりまするw


    > これは私も一回目の医者から言われたときに調べたのですが、要するに自己免疫疾患ゆえなのかな?と。

    そうですね、私も最初聞いたときは
    自己免疫疾患かな? と思いました。

    しかし破歯細胞なんて変なものが出てくるとは!

    なるとくんの歯を溶かしていたのが
    いわゆる免疫系を担うマクロファージその他なのか、
    破歯細胞というやつなのか、
    破歯細胞ならばそいつはどこからの指令で
    活動を始めたのか

    やはり免疫系の
    リンパ細胞などからの指令なのか

    もともと乳歯を溶かす働きを持つというから
    成長ホルモンやその他の要因は考えられないのか…

    それぞれのケースで
    免疫を上げたらいいのか
    抑えなくてはいけないのか
    変わってきそうで難しい><。

    今のところは、免疫力上げるか下げるか聞かれたら
    上げる方を選びますが…


    > 今なるとを診ていただいてる先生は、猫は免疫系が弱い…的なこともおっしゃってましたねえ。

    猫は肝臓が弱いというのはよく聞きますね。
    解毒が上手くいかないから、薬もあまりあげたくないなーなどとずぶずぶ。


    > まあその先生とはプライベートで会うこともあるので、機会があればもっと詳しく聞いてみたいです。

    ぜひぜひ!そして知識を横流しプリーズ!(^O^)/です!


    > うえぽん君、そんなにヨダレが酷いなら、歯肉炎より口内炎が酷いのでしょうか??

    今、よだれは激減しました。
    やはり部屋が暑かったのがいけなかったみたいです。
    でも、たまに寝ながらヨダレ垂らしてます(締りがないだけだ!)

    なるとくんは歯肉炎派でしたか。
    おなじダブルキャリアでも、やっぱり色んなケースがあるんですね。
    うちは口内全体が腫れてるようなので、口内炎かな…
    歯自体はけっこう綺麗だと思うんですけど
    願望が見せたマボロシかもしれません。


    > 通常は麻酔をしないとレントゲンは細部が撮れませんが、専門病院だと、拘束服を着せて麻酔なしで口の中を診たり、レントゲンを撮ってくれるみたいです。

    麻酔なしでレントゲン!それはハラショーです!!!
    ちょっと探してみましたが、ネットに出てきたのは遠いところばかりだったので
    今度いきつけの獣医さんに聞いてみます。
    そろそろソラのウィルス検査に行くので。

    前回去勢手術で麻酔した時、
    術後のうえぽん、かなり危ない状態だったんですよ。
    うずくまったまま、酷い過呼吸が治まらなくて。
    このまま死ぬかもしれないと一晩ケージの前で座り込んでました。

    野良だったのでストレスもあったのでしょうが、
    もう一度あの状態になったら…と思うと
    なかなか麻酔に踏み切れないです><。。。

    でもそろそろ本当に何とかせねばなので
    今度お医者さんに相談します。
    ううう自然に抜けてくれよー。


    > それにしても、うえぽん君は横顔がダンディですね~
    > 口の中に指まで入れさせてくれるなんて、お利口さんです。
    > 大きな身体をもふもふしてみたいけど、私では無理かしら^^;

    うへへ(≧▽≦)ありがとうございます。

    うえぽんの毛は柔らかくてすっごい気持ちいいんですよー♪
    どのタイミングで爪が襲ってくるか分からないので
    スリルとサスペンスを味わえるのもまたよし!

    Re: 心配は尽きない・・・

    チャチャ丸さん、おつかれですー。

    チャコちゃんこのまま落ち着くといいですね。

    おー、marくん抗生剤で再発なしですか。
    よいタイミングでよい治療が出来たんですね!


    うえぽんはキャリア猫なので
    たぶん口内炎が治るということはないと思います。

    死ぬまでの長期戦であることも視野に入れて
    色々試してみようかと思っています。

    ありがとうございます~(^O^)/

    No title

    さすがアシワホテスさん!ちゃんと調べてますねー!
    アシワホテスさんに飼われた猫ちゃんたちは本当に幸せですねー。
    愛情が伝わってきますwww
    うえぽんのよだれが良くなりますように!!


    家の新入りさくらも、やはり血便がとまらず
    もう一度病院へ連れて行ったら、歯肉炎だと言われました。
    歯肉の所が全体的に赤くなって腫れてました。。
    ちょっと口臭があるなー、とは思ってましたが。。
    ちなみに、だっこしてかわいーねーとなでなですると
    口からたくさんよだれを落とします(笑
    でも水みたいなよだれなんですよね。それ以外はとくに
    よだれはたらしてないので、病気からくるものとかではないと思うのですが。。ネットで調べたらそんな猫もいると書いてありました。
    最初なんか私の服に水滴がぽとぽと落ちてるので、なんだ?と思ったら
    さくらでしたwww

    とまた長々書いてしまいました!!

    Re: No title

    かんたさん、こんにちはー!


    いえ、中途半端な調べ方で申し訳ないです。
    でも調べたことをどんどん書いていかないと忘れてしまうので、
    忘備録のつもりで書いています。

    違うんじゃないかな? という記述があれば
    指摘していただけると狂喜乱舞です。


    さくらちゃんの血便が心配ですね><。
    ちょっと長いですよね。
    病院を変える選択もありかもですよー。
    早く治るといいですね>人<。

    さくらちゃんのヨダレ可愛いw
    知り合いの猫もそうですよ
    甘えたくなるとヨダレ垂らすの!
    服についても、ちょっと怒れないですよねーw

    歯肉炎には、うちで使っている

    コロイダルシルバー
    サンクロン

    ブロ友さん一押しの

    笹ヘルス

    などのほかにも

    ラクトフェリン

    なんかがよいそうです。

    うちは昔使ってましたが
    まだあまり悪化していなかったときなので
    効果はよく分かりませんでした。
    また使ってみようと思ってます。

    抹茶ちゃんもおだいじに!
    (今思ったけど、さくらと抹茶ってういろうみたい…
    すみません;)

    EDIT COMMENT

    非公開コメント

    検索フォーム
    いってらっしゃい♪
    摂取なう。
    今現在うちの猫が食べているもの。
    基本のごはん。アズミラの缶詰は、オーシャンフィッシュ以外食べないのですよ奥様。 私はターキーとかも食べて欲しいのですがね奥様。↓ 何だかんだ言って、これあげていると安心。↓ これをごはんの上に掛けると食いつきが違う↓ これもよく食べます。↓ ナチュラルフードで食いつきの良いドライフード!ということで大変貴重。ちょっと塩分高めなので、尿石が気になる場合、わざと食べさせて水を飲ませるという裏技も(自己責任でお願いします)。↓ サプリメント。 これは免疫力向上。↓ これは基本的なサプリ。まずはここから(byアズミラ)↓ これは犬と猫用のハーブ。ウィキョウ、パウダルコ、霊芝が入ってこの値段は実はものすごくお得。アズミラの意地。↓ 乳酸菌とかも入っていてお得。酵素系は結局これに戻ってくる私。密かにこのお店もお勧め。理由は♪↓ 甲状腺機能のコントロールのために。と思ったら、毛の色が劇的に変化!これは本気でお勧め。↓ 鉄板お勧めのタヒボ茶。ただし、鉄やステンレスのヤカンで煮出すのはNG.ここは初回セラミックヤカンがオマケでついてきます。てか正規店。↓
    QRコード
    QR
    画面下を人々がお散歩するブログパーツ(Twitter連携可)
    FC2カウンター
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。