プロフィール

    アシワホテス

    Author:アシワホテス

    最新トラックバック
    全記事表示リンク
    ブロとも申請フォーム
    フリーエリア

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    うえぽんの肉球皮膚炎

    お疲れさまでございますです。


    昨日、デミさんの内臓ボロボロやんって話をしましたが

    私的に一番のヒットだったのが

    事故にあったか何かしたのだと思っていたデミさんの背中の歪み
    高齢による背骨の湾曲らしいということでした。

    つまり、いわゆる『腰が曲がったおばあちゃん状態』



    あれですか、グルコサミンとか補給しなくてはいけない系ですか。
    あれは膝でしたっけ。


    背中を曲げて歩くデミさんの写真が上手く撮れないので
    絵を描いてみました。






    余計に分からなくなりました。
    すみません。



    デミさんは一度おいておいて、
    先日うえぽんさんも病院送りになりました。



    最近のうえぽんさんはかなりフリーダムです。
    私がいる時は隔離部屋の扉を開けて好きにさせています。

    慣れてきたのか、私と同じ部屋にいても
    丸くなって寝るようになりました。


    私が立ちあがるとすっ飛んで逃げるんですけどね。




    そのうえぽんですが
    ある日寝床に鮮血を発見。

    逃げ回るのを追いかけながら観察すると、
    左前脚の裏っかわに血がベッタリとついてる。


    やったわうえぽんさんー。
    なんかやったわー。



    最近のうえぽんさんは私の近くで寝るクセに
    私が動くと大慌てで逃げ出して
    その際あちこちに体や足の爪を引っ掛ける、ということをしていたので

    きっとこれも変な所に足を引っ掛けて怪我したのだろうと
    思ったのですよ。


    これがソラやデミさんだったら
    捕まえてコロイダルシルバーでも吹き掛けてオシマイ、なのですが

    うえぽんは近づけないから治療が難しいし
    なにせエイズと白血病キャリア。

    傷口から何かイヤな細菌でも入ったら嫌。



    と、いうわけで病院です。





    今回も院長先生でした。
    院長先生との遭遇率高いです。


    先生開口一番

    「この子、危険な子ですよね?」



    最初にうえぽんに暴れられたのが
    相当なトラウマになっているようです。


    大丈夫、最近は丸くなりました。
    診てくださいよう、と怪我した足を持ち上げると


    「ああこれ、怪我じゃありません」。



    なんでも、肉球が腫れる病気があるのだそうな。

    その名も『形質細胞性足底皮膚炎』




    すみません名前覚えられませんでした。
    帰ってからググりました。



    この『形質細胞性足底皮膚炎』
    別名『形質細胞性足皮膚炎』
    もしくは『プラズマ細胞性足底皮膚炎』
    と言うそうです。

    ああ、プラズマ。
    うちの空気清浄機がそれです。



    症状としてはまず、肉球がスポンジ状に腫れるそうです。

    この時点で特に痛みはないようです。


    先生曰く、大体の猫はそこで大ごとになることなく
    ある時点から「萎んで」いき、
    最後にはカサブタのようなものが残って
    それが剥がれて終了、となるらしいです。



    そう言えば今は亡きキャラさんが
    よく肉球にカサブタを作っていました。

    何だろうなあと思っていましたが
    これだったのですね。


    痛そうな素振りもなく普通にしてたので
    特に対処もしなかったのですが
    普通はそれでOKなのだそうです。


    ただし、猫エイズや白血病の猫がこれになると
    かなりの確率で悪化するとか。

    そうなると膨らんだ肉球が「萎む」ことなく
    そのまま「破裂」してしまうと。


    それが今回のうえぽんさんのケースだったようです。


    「破裂」してしまう、つまり
    「腫瘍」になってしまうと
    出血や感染が起こります。
    これはいただけません。


    ただでさえ免疫系イエローカードのキャリア組、
    感染には臆病です。

    さらに歩くたびにポタポタ血を落とされては
    同居猫に傍迷惑です。

    ソラはスルースキル高いので無視しそうですが
    デミさん当たり、きっと血を嗅ぎに来る。
    舐めるやもしれません。


    治療としては今のところ薬の投与。
    悪化すれば腫瘍部分を切りとる手術をするのだとか。


    7日分の薬を頂いて帰りました。




    この『形質細胞性足底皮膚炎』
    原因も分からないし
    治療法も対処療法しか今のところないそうです。

    一度治っても
    特にエイズ、白血病のキャリアの場合
    再発することが多く、
    また一般的に前足から始まり
    徐々に4本全ての足の肉球に症状が広がるのだとか。


    キャリア猫が歩くのを嫌がったりし始めたら要注意ですね。





    で、怪我ではないことは分かったのですが
    私としてはうえぽんの血まみれの足を綺麗にして
    消毒していただきたかったのですが
    先生は何やらうにゃうにゃ言ってやってくれませんでした。

    よほどうえぽんが怖いらしいでした。


    帰ってから、ネットに入っているうえぽんに跨って
    コロイダルシルバーで足を拭きました。
    ええ、私が。



    ガシガシ拭いたらそんなに酷い状態でもなかった。


    よく見えませんが、真ん中のポッチ部分より、
    そのすぐ上の黒い部分の方が
    「破裂」状態がひどかったです。
    ここも肉球と言うのでしょうか。
    足の皮膚には違いないですが。



    頂いたお薬はかなり強い薬で
    飲んだらそのあと水を飲ませないと
    喉に炎症を起こすと言われました。


    そんな芸当出来るわけないっす。


    で、一応先生に聞いて
    少量のご飯に混ぜて食べさせる方法をとりました。
    そのために市販の猫缶買いました。

    モンプチ効果で、なんとか薬を飲ませきり、
    うえぽんの肉球は現在カサブタが固まった状態です。


    このまま再発しないてくれるといいなあ。






    おやつづいています。


    関連記事
    CATEGORY:猫白血病と猫エイズ

    THEME:猫のいる生活 | GENRE:ペット

    COMMENT

    No title

    乙!

    何だかんだ言ってうえぽんの肉球が触れるのは、ナウシカの手の持ち主だからだね!

    かさぶたになってキレイに剥がれ落ちますように。


    デミさんの腰だけど、みぃちゅんも曲がっていて「思っていたよりお年寄りかも」って事になったよ。

    猫も腰が曲がるのかぁ・・・って妙に感心した。

    見掛けるのは夜だし、小さかったので「1歳位?」病院に連れて行って6~8歳かな?と。

    口の中を初めて見て先生と「お年寄り!!」と推定年齢がどんどん上がっていって13~15歳になったなぁ┐(´∀`)┌

    一番下のうえぽんの写真の手、可愛いねっ。
    拒否ってやがる手ってだよね(´∀`*)

    No title

    お久しぶりです!また新入りが増えましたね。私かなり猫好きだと思ってましたが、アシワホテスさんを見てると足元にも及びません。。。
    世話してもらっている猫達本当に幸せですね!
    デミちゃん、ホントラッキーだと思います。

    ちょっとだけ相談させてください!
    アシワホテスさんアズミラの商品に詳しいと思うので。。
    桜がやはり口内炎で拾った時から少し赤くなってたりはしたのですが
    食欲もあるし痛がる様子もなかったのでそのままにしてましたが
    最近一部の歯茎が赤く晴れてきて食欲が落ちてしまったので、アズミラを試して見ようと思ってます。歯磨きもと思ってますが、とりあえず腫れが引かないとと思ってます。ユカインテンシブとスーパーC2000を買う予定ですがそれ以外に良さそうなものがあれば教えて下さいー!スペインなので笹エキスなどは残念ながら買えません。。

    今日は桜の念のための二回目の血液検査へ行ってきました。白血病が陽性に変わることはない!と断言されましたが無理を言ってしてもらいました。結果は来週にでます。。とりあえず桜は口内炎以外はとても元気です!!

    EDIT COMMENT

    非公開コメント

    検索フォーム
    いってらっしゃい♪
    摂取なう。
    今現在うちの猫が食べているもの。
    基本のごはん。アズミラの缶詰は、オーシャンフィッシュ以外食べないのですよ奥様。 私はターキーとかも食べて欲しいのですがね奥様。↓ 何だかんだ言って、これあげていると安心。↓ これをごはんの上に掛けると食いつきが違う↓ これもよく食べます。↓ ナチュラルフードで食いつきの良いドライフード!ということで大変貴重。ちょっと塩分高めなので、尿石が気になる場合、わざと食べさせて水を飲ませるという裏技も(自己責任でお願いします)。↓ サプリメント。 これは免疫力向上。↓ これは基本的なサプリ。まずはここから(byアズミラ)↓ これは犬と猫用のハーブ。ウィキョウ、パウダルコ、霊芝が入ってこの値段は実はものすごくお得。アズミラの意地。↓ 乳酸菌とかも入っていてお得。酵素系は結局これに戻ってくる私。密かにこのお店もお勧め。理由は♪↓ 甲状腺機能のコントロールのために。と思ったら、毛の色が劇的に変化!これは本気でお勧め。↓ 鉄板お勧めのタヒボ茶。ただし、鉄やステンレスのヤカンで煮出すのはNG.ここは初回セラミックヤカンがオマケでついてきます。てか正規店。↓
    QRコード
    QR
    画面下を人々がお散歩するブログパーツ(Twitter連携可)
    FC2カウンター
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。