プロフィール

    アシワホテス

    Author:アシワホテス

    最新トラックバック
    全記事表示リンク
    ブロとも申請フォーム
    フリーエリア

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    うちの猫s

    ああ、画像をupしようとして、書いたものを全て消してしまいました。旅に出たい。


    何から書こうかと考えたのですが、個人のブログだし、ここはわがまま全開でまずはうちの猫の話をしたいと思います。


    猫との付き合いはそんなに長くありません。うちは両親があまり動物が好きではなく(いや、本人たちは「好き」と言うのだが世話はしたくないし臭いのも汚いのも毛が飛ぶのも嫌なのね。おのれら排泄はしないのか。毛は抜けないのか。などと言うと勝手に傷つくのでもうアンタッチャブル)周りに動物のいる環境でもなかったので、生き物からは遥か遠く離れた生活をしていました。肉魚は食べていたので、ある意味では動物が常にいましたがね。食卓に。


    初めて猫と一つ屋根の下に住むことになったのは社会人になってからで、一匹目はキャラというキジトラでした。
    キャラ2
    根性ある猫でした。


    うちの裏の家で猫が子供を産んだ、ここの家は猫に避妊手術もせず、外飼いにして勝手に子供を産ませ、子猫は箱に詰めて殺している。かけあって子猫は殺さない方向でもっていっているが、なんとか一匹でも引き取ってくれないだろうか。そんな電話が友人から掛かってきたのがキャラとの同居のきっかけです。

    正直生き物を飼う、というか飼い切る自信がなかったのですが、殺されるくらいなら引き取ろう、そんな感じで貰いに行きました。友人宅の裏宅氏には断りなしです。庭に不法侵入し、母猫のお乳を幸せに吸っている赤ん坊猫を母猫からむしり取ってポケットに突っ込み逃走です。

    ちなみにその時、他に茶トラ猫が二匹お乳を吸っておりました。キジはこいつだけ。だから目立って持ってきたのでありますが、残り二匹はどうなっただろうと気になって、後日様子を見に行ったらなんとか無事に空き地で暮らしておりました。友人がご飯をあげておりました。キャラより可愛い、と激しく思ったのを覚えております。
    キャラ1



    このキャラ、16歳まで生きましたが、ある日家から脱走、四ヶ月半後に捕獲した時にはガンに罹患しており、闘病一ヶ月少しで天に里帰りして行きました。



    キャラと同居を初めて一年後にやってきたのが蔵馬です。本名蔵馬ですが、面倒なのでくらまと書いています。
    くらま

    毛並みだけは美しい日本猫でした。


    最初に入った会社を辞めて、フラフラと音楽スタジオでバイトをしていた時、そのバイト先の路地裏で死にかけていたのがこいつです。
    雪が降っていました。
    地面は凍っていました。
    そのカチカチの路面を、後ろ足を滑らせながら、ヨロヨロとこちらに向かってきて全身全霊で鳴きやがったのです。
    目はつぶれ、鼻と口は洟水とヨダレで黒く固まり、全身泥を浴びてブルブル震えておりました。
    それでも一瞬、これは病院に連れていけば生きる、と思ってしまったのが運の尽き。
    しっかり生き延びました。

    つぶれていると思った目ですが、診断の結果まぶたが腫れてめくれ上がったあと癒着して治ったものと分かり、まぶたを開く手術をしました。その角膜がその後腐ったり、膿状の洟水は一生治らなかったり、後ろ足がなんとなく変形(栄養失調による)してたり、いろいろありましたが愛嬌がたっぷりあったのでうちの猫sの中ではダントツ人気NO.1でした。
    (≧∇≦)とくらま
    よく母とお昼寝してました。無断肖像使用すまん母。モザイクかけたほうが良かったですか。


    くらまは12歳の時、私が会社から帰ってきたら入口で冷たくなっておりました。朝は元気に見送ってくれた、おそらくはそのままの姿でした。



    くらまが来てから六年ちょっとくらいでやってきたのがソラです。
    IMG00691.jpg
    完全に一致。


    これは家の庭に落ちていました。近所にそれらしい親猫など見当たらなかったことから、誰かが捨てたのかと思われますがしかし一匹だけというのも腑に落ちない。こちらを思いやって一匹つづ捨てて行ったんでしょうか。
    それは置いておいて。朝庭で鳴いているこれを最初に見つけたのは母でした。母は骨髄反射でこれをとなりの駐車場へ投げ捨てました。しかしこれは戻ってきました。母はまた投げ捨てました。戻ってきました。投げ捨てました。キャッチ&リリース。三度目の正直で、戻ってきたとき私が起きてきました。
    激しい家族会議のあと、里親を見つけることを条件に一時同居をすることに。
    一ヶ月の里親探しを経て動物病院イチオシの里親さんを見つけることができましたが、つい口走ってしまいました。
    「もう里親は決まりました」
    親とのエンドレスバトルが始まった瞬間でありました。

    ちなみに、これは最初は「ちび」と呼ばれていました。ある日図書館で「ペットの姓名判断」なる本を見つけ、調べてみたら「佐藤ちび」はあまり良くなかったので改名したのです。獣医さんには大ウケでした。
    IMG00718.jpg
    目を開けて寝るのが趣味。



    ソラは現在12歳です。そして最近やってきたのがうえぽんです。
    最初に言ったとおり、TNRしようと捕まえたらエイズ白血病ダブルキャリアであることが判明し、なし崩しに同居することになった元野良猫です。
    IMG00599.jpg
    野良120%。最初は近づくことも出来ませんでした。


    このブログは、うえぽんとソラとの同居を軸として日々の出来事を書き記す防備録として……
    始めたつもりなんだけどな。



    おかしいな。

    IMG00984.jpg
    現在のうえぽん。
    関連記事
    CATEGORY:うちのねこ。

    THEME:猫のいる生活 | GENRE:ペット

    COMMENT

    EDIT COMMENT

    非公開コメント

    検索フォーム
    いってらっしゃい♪
    摂取なう。
    今現在うちの猫が食べているもの。
    基本のごはん。アズミラの缶詰は、オーシャンフィッシュ以外食べないのですよ奥様。 私はターキーとかも食べて欲しいのですがね奥様。↓ 何だかんだ言って、これあげていると安心。↓ これをごはんの上に掛けると食いつきが違う↓ これもよく食べます。↓ ナチュラルフードで食いつきの良いドライフード!ということで大変貴重。ちょっと塩分高めなので、尿石が気になる場合、わざと食べさせて水を飲ませるという裏技も(自己責任でお願いします)。↓ サプリメント。 これは免疫力向上。↓ これは基本的なサプリ。まずはここから(byアズミラ)↓ これは犬と猫用のハーブ。ウィキョウ、パウダルコ、霊芝が入ってこの値段は実はものすごくお得。アズミラの意地。↓ 乳酸菌とかも入っていてお得。酵素系は結局これに戻ってくる私。密かにこのお店もお勧め。理由は♪↓ 甲状腺機能のコントロールのために。と思ったら、毛の色が劇的に変化!これは本気でお勧め。↓ 鉄板お勧めのタヒボ茶。ただし、鉄やステンレスのヤカンで煮出すのはNG.ここは初回セラミックヤカンがオマケでついてきます。てか正規店。↓
    QRコード
    QR
    画面下を人々がお散歩するブログパーツ(Twitter連携可)
    FC2カウンター
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。